ニュース

ニューヨーク州立大学アップステート医科大学の新しい研究によると、レクリエーションでの大麻使用は必ずしも認知機能障害につながるわけではなく、むしろ認知機能低下のリスクを軽減する可能性があるという。 Current Alzheimer Researchという雑誌に発表された研究では、非医療用大麻の使用はSCDの確率を96%低下させた。 これは、大麻の使用が脳の機能低下をもたらすという以前の研究結果とは一致しない。 研究の共著者であるロジャー・ウォン博士は、マリファナ製品が脳の健康に及ぼす影響を再定義しかねない結果の原因について、次のように述べた。 認知症の予防はまだ明確には見えていないため、このような知見は、認知機能の低下を遅らせるための新たなアプローチを示唆するものである。 調査の概要 ニューヨーク州立大学アップステート医科大学の科学者グループは、大麻の使用と認知能力の低下との関連を見つけようとした。 CDCの2021年行動危険因子サーベイランス・システム(Behavioral Risk Factor Surveillance System)からデータを収集し、45歳以上の米国成人約4,800人を対象とした。 この研究の主な目的は、大麻の医療用、非医療用、または二重使用の有無と、それぞれの摂取頻度が、SCD(1年以内に記憶力の低下や混乱が以前より頻繁に起こる好ましくない重症度)に影響を及ぼすかどうかを確認することであった。 主な調査結果 娯楽用大麻の使用がSCDのリスクを大幅に低下させるというのは意外な発見であった。 したがって、この研究は、非医薬用大麻使用者のSCDの確率が非使用者のそれよりも96%低いことを立証している。 この示唆は、大麻摂取が認知機能悪化の主要な原因であると断定していた他の類似研究とは全く逆であり、大麻の認知健康への影響に関する以前の概念を変えるものである。 その後の分析によると、大麻の二重使用、医療用使用、未使用のいずれもSCDのリスク低下と有意に関連していたが、これら2つの使用頻度の増加は統計学的有意差には達しなかった。 この研究結果は、医療目的以外での利用で、認知機能の向上がより顕著になる可能性を示唆している。 詳細なアンケートは、大麻の使用頻度や使用方法などを網羅したもので、回答者の使用パターンを広く記述することができた。 また、利用者が物質を摂取するさまざまな方法の頻度も記載されており、喫煙が主な方法であることが明らかになった。 しかし、著者らは、一般的な傾向は肯定的であることが証明されたものの、大麻の常用は、統計的ではないものの、認知機能障害に何らかの影響を与えるようだと観察した。 これらの研究は、大麻の効果と認知は白か黒かではなく、大麻の摂取が人間の認知能力に及ぼす影響について、もっと学ぶべきことがあることを示している。 大麻使用パターンの分析 この研究では、大麻の使用頻度、主な使用方法、摂取方法の違いに注目し、認知テストの成績に影響する大麻の使用パターンの違いを分析した。 大麻の使用に関しては、45歳以上の回答者4,784人のうち7.9%が大麻を使用していると答えた。 これらの使用者は、その使用理由に基づいて分類された:これらのサブタイプには、非医療用処方薬の使用、処方薬の乱用、または医療用と非医療用の両方の処方薬の使用が含まれる。 消費パターンについては、喫煙が最も多く、その他、口からの摂取・吸収、胃からの摂取、気化、ダブなどがあった。 この調査では、利用頻度にばらつきがあることが浮き彫りになり、回答者は過去30日間のうち平均4日間利用したと回答した。 大麻の摂取頻度の増加と認知能力の低下との間に関係があることが示唆されたが、そのような関係は重要ではなかった。 同じように、医療用大麻を使用している人、あるいは医療的理由とその他の理由の両方がある人では、SCDの手術件数の減少が観察されたが、統計的に有意な関連は認められなかった。 このことは、大麻の種類による意図や可能性によって、大麻の影響に違いがある可能性を示唆している。 研究結果は、大麻が認知に及ぼす影響を判断するためには、単なる大麻の量だけでなく、大麻を使用する根拠、大麻を使用するアプローチも同様に重要であることを示唆している。 解釈と専門家の意見 研究共著者のロジャー・ウォン博士は、他の調査でも大麻が認知機能をさらに低下させることが確認されているので、この結果には驚いていると述べた。 この問題に関しては、非医療用で大幅な改善が見られたという事実を調べることの重要性を強調し、それは大麻に明らかに異なる化学物質が存在する可能性に起因するとした。 そう語るブルック・ウォースター博士は、認知への影響について、大麻の成分とTHCとCBDの割合を強調した。 彼女は、これらの構成要素を理解することで、非医薬用大麻に予防効果があると思われる理由が説明できるかもしれないと提案した。 両専門家とも、睡眠が関与している可能性を認めている。というのも、使用者の大半が、大麻は安眠を助けると主張しているからだ。 睡眠の質の向上は、認知機能の退化を遅らせることに間接的に貢献するかもしれない。 公衆衛生と大麻政策への示唆 この研究結果は、公衆衛生の実践と大麻使用の規制にとって重要な意味を持つ。 第一に、大麻は脳に悪い物質であるという伝統的な説に疑問を呈し、特に非医療的に大麻を摂取している人々の間では、実際にポジティブな効果があるかもしれないという考えを主張している。 このことは、認知能力低下の予防対策として、これらの利点をどのように活用するかという研究につながるかもしれない。 政策の観点からは、この研究は、特に他の様々な治療や余暇利用を求める高齢者の大麻使用に関する現行の政策規制に焦点を当てるものである。 この発展途上の研究結果によって、制限や政策が変更されるかもしれないし、政策立案者にとってより明確な指針が示されるかもしれない。 さらに、医療提供者は、特に精神的な健康に不安を抱える高齢者に対して、治療の過程で大麻の使用に関する話し合いを含めることが求められるかもしれない。 関連する結果についての教育や意思決定の支援は、患者の成績や安全性を向上させるかもしれない。 結論として、この研究は、ソーシャルメディアの潜在的なプラス面をもっと認識することを求めると同時に、副作用と、より多くの研究と政策の方向性の必要性を警告している。 結論 最後に、本稿で紹介したニューヨーク州立大学アップステート医科大学の研究は、非医療用大麻の使用が高齢者をSCDから守る可能性があることを示している。 予想とは逆の符号は、大麻が脳の健康に与える影響は、見かけほど単純ではないことを示しており、したがって、より多くの研究を行う必要がある。 認知症予防は依然として公衆衛生上の重要な課題であるため、適度なマリファナ使用を含む他の戦略の検討が問題となる。 これらの知見はまた、カンナビノイドを治療目的で使用する高齢者のニーズを満たすために、現在の政策や医療プロトコルを見直すことの重要性を強調している。
CBDフラワーは麻の植物から作られ、今日最も人気のある大麻のひとつである。 しかし、英国内外で法律が発展するにつれ、CBDの使用や所持の法的地位について混乱しがちです: CBDフラワーは英国で合法か? CBDフラワーはイギリスで購入できますか? もし英国でCBDの所持で捕まったら? 現在の英国CBD法があなたにどのような影響を与えるかを知るために、これらの緊急の質問にお答えします。 CBDフラワーとは? CBDフラワーは麻の蕾を乾燥させたもので、THC(テトラヒドロカンナビノール)とは異なり、精神作用のある化合物ではないため、高揚感をもたらすことはない。 つまり、CBDフラワーは気分を高揚させたり、酔わせたりすることはないが、ストレスや不眠症の症状を和らげる効果があるとして、多くの人に愛用されている。 英国の法律では、CBDの葉や花は違法であり、小売店、ウェブサイト、店頭では販売できないため、英国でCBDの花を購入する合法的な方法はありません。 しかし、法律の抜け穴によりヘンプティーの販売が認められているため、英国でCBDフラワーを販売しているサイトがあり、これらのサイトではCBDフラワーと表示している。 CBDフラワーは英国で合法か? では、CBDフラワーはイギリスで合法なのだろうか? 救いを求める人や大麻愛好家にとって悲しいことだが、CBDフラワーはTHCの割合がどんなに低くても英国では合法ではない。 つまり、CBDの芽、葉っぱ、ハッシュも違法なのだ。 しかし、CBDグミのようなCBDエキスから作られた製品は、THCの含有量が0.2%以下であれば合法的に購入し、楽しむことができるという朗報もある。 英国居住者はCBDフラワーを購入できないが、CBDのように合法的に使用できる製品は他にもたくさんある: オイルだ。 ベイプ。 食用。 抜粋。 VAPEジュース。 スキンケアの外用薬。 法律がすべての形態の大麻を分類物質と見なさないようになるまで(多くの人が来年か再来年にはそうなると期待している)、上記の製品が英国でカンナビジオールを合法的に使用できる唯一の方法である。 CBDフラワーは英国で購入できますか? CBDフラワーは、法律で認められているよりも多量のTHCが含まれている可能性があるため、英国では購入できない。 そのため、CBDフラワーを吸いたい人は、CBDベイプを手にすることが多い! CBDフラワーは英国で合法化されるか? 2023年6月の裁判所判決により、THCの少ないCBDフラワーが英国居住者でも合法的に購入できるようになるかもしれないのだから。 いつでも新しい法律や法案が通過する可能性があるため、常に目を光らせておくこと! CBDフラワーは以前から英国で合法か? これまでCBDフラワーは英国で合法化されていなかったが、最近の立法努力により、近いうちに現実のものとなるかもしれない。 一時期、CBDフラワーの法的地位はグレーゾーンだったが、現在では英国政府のスタンスは明確で、CBDフラワーの購入や所持は違法とされている。1971年に制定された「薬物乱用防止法(Misuse of Drugs Act of 1971)」によると、CBD製品は従来のマリファナと容易に区別できるよう、THCの含有量が0.2%以下でなければならないと定められている。 英国大麻取締法年表 英国における大麻の法規制の歴史と今後について簡単に掘り下げるので、以下に参加してほしい。 1928年、英国で 危険ドラッグ法が施行され、大麻所持に関する法律が制定された。 1967年、麻薬乱用防止法が施行され、大麻所持に対する罰則が軽減された。 1971年、薬物乱用法により、種類を問わずすべての大麻草の生育が制限された。 2001年、「薬物乱用取締法」が施行され、研究目的で大麻を栽培したり吸引したりすることができるようになった。 2015年、医療用大麻の合法化への道を開くため、薬物乱用防止法が制定され、この法律で合法化された最初の大麻医薬品がサティベックスである。 2025年、人々はCBDフラワーが英国で合法的な製品になるよう、新たな法律が可決されることを期待している。 CBD用語 大麻用語のブラッシュアップが必要ですか? ここでは、人気のあるものをいくつか紹介する。 420 の略語を紹介しよう: CBDとは、カンナビジオールの略で、薬効を持つ非向精神作用のあるカンナビノイドである。 カンナビノイドとは、大麻植物に含まれる化合物で、摂取することで独特の効果を発揮する。 その数は数百にのぼり、最もポピュラーなものは以下の通りである。 THC , CBD , CBN , CBC および ...

大麻のマイクロドージング

Microdosing is becoming a household name among most cannabis enthusiasts. Microdosing cannabis involves taking small amounts of THC to experience the effects subtly. But...

カンナビスの神話:大麻について正しいのはどれ?

Marijuana is gaining a lot of interest among many due to its varied effects. While some people claim that it helps with symptoms of...

クリスティ・マクアダムス キャンナビス・コミュニティ・カレッジ

This college is committed to educating and empowering individuals in the cannabis industry. Their experienced faculty, staff, and support team are dedicated to providing...

2023年、大麻産業が直面する可能性が高い課題

大麻産業は過去10年間で飛躍的に成長し、この急成長は今後も続くと予想されています。 州レベルで大麻が合法化されたことで、より多くの企業が市場に参入し、投資家もこの業界に資金を注いでいます。 しかし、このような速いスピードで開発が進むと、2023年にはいくつかの課題が発生する可能性があります。 大麻産業の急成長は、市場での競争の激化を意味します。 そうなると、生産者や企業が互いに値下げして顧客を獲得しようとする価格競争が起こる可能性があります。 また、新規参入企業の増加に伴い、規制が甘くなり、品質管理が行き届かなくなる可能性もあります。 2023年に大麻産業が直面しそうな共通の課題を紹介します。 COVID-19パンデミックの影響 このパンデミックは、すでに世界中の企業や消費者に混乱を引き起こしています。 大麻産業も例外ではなく、安全対策や施錠、人々が薬局で商品を購入するのをためらうなどの理由で、売り上げが減少しています。 さらに、経済が不安定な中、この業界に投資しようという人も少なくなるかもしれません。 パンデミックは過ぎたことですが、その影響は2023年になっても続くかもしれません。 例えば、経済的に苦しい状況が続けば、大麻製品を自由に購入できなくなる可能性があります。 規制と合法化 州によっては、大麻がまだ違法であったり、規制が厳しいところもあり、そのような地域ではビジネスの展開が困難です。 州レベルでの合法化は比較的新しいため、規制についてはまだグレーゾーンがあり、対応する必要があります。 2023年、これらの規制が明確に定義され、実施されなければ、企業は困難に直面する可能性があります。 州によって規制が異なるという事実は、大麻ビジネスに混乱とフラストレーションをもたらす可能性があります。 コンプライアンスを維持するために、これらの企業は、事業を展開している州の規制の変更に注意する必要があります。 つまり、企業は万が一の事態に備え、常にアンテナを張っておく必要があるのです。 技術紹介 多くの産業と同様、大麻産業においても、テクノロジーが果たす役割はより大きなものとなっています。 栽培などの生産工程から販売戦略まで、自動化・デジタル化が進んでいます。 2023年は、大麻産業におけるテクノロジー活用について、新たな機会と課題が生まれる可能性があります。 例えば、デジタルマーケティングが普及するにつれ、企業はいかにして顧客にアピールし、目立たせるかを考えなければなりません。 さらに、企業はハッカーや悪意のある人物からデータを安全に保護する必要があります。 消費者行動 消費者の行動は常に変化しており、大麻産業においても、その使用に対する意識の変化により、予測不可能な事態が発生する可能性があります。 2023年、企業が競争力を維持し、成功するためには、常にトレンドを把握することが必要です。 顧客のニーズを理解し、それに確実に応えなければならない。 さらに、企業は業界の環境変化に対応するために、常に新しい製品や技術に目を向ける必要があります。 社会的スティグマ 大麻は多くの州で合法とされているにもかかわらず、いまだに多くの人が違法な物質とみなしています。...

2023年に期待される6つの大麻のトレンド

大麻は通常、業界関係者の間で、特に将来のトレンドを予測する上で関心の高いテーマです。 2023年も同様で、今後数年間はいくつかの大麻のトレンドが出現すると思われます。 2023年に人々が大麻をどのように消費し、どのように考えるかを形成すると専門家が予想する5つの大麻トレンドを紹介します。 1.CBD製品の成長 カンナビジオール(CBD)の潜在的な効果についてより多くの人が知るようになれば、CBD配合製品の需要も増加するでしょう。 これには、他の大麻製品よりもCBDの量が多く配合されたエディブル、飲料、チンキ剤、外用剤などが含まれ、ユニークな体験を生み出すことができます。 ここ数年、CBDの人気が急上昇し、その治療への応用の可能性がより広く認識されるようになりました。 この傾向は今後も続き、より多くの人々が健康維持のためにこれらの製品を使用することになるでしょう。 パンデミックの影響で一時的に成長が鈍化していますが、2023年には再び盛り返すと予想されています。 2.クラフトカンナビスの需要拡大 クラフトカンナ ビスのムーブメントは、少量生産者によるユニークな品種や製品への関心の高まりから、ますます活発になっています。 消費者は、細部にまでこだわり、丁寧に育てられた高品質な職人技の大麻を求めるようになってきています。 その結果、2023年にはクラフト大麻の重要性がますます高まると予想されます。 消費者は、従来の商品とは一線を画すユニークで高品質な商品を提供できる少量生産の生産者を求めるようになるでしょう。 3.ソーシャルカンナビ体験の普及が進む ソーシャルカンナビ体験は、今後さらに普及することが予想されます。 これには、仮想薬局ツアーやマリファナをテーマにしたパーティーなど、安全で社会的に遠い存在である人々を結びつけるためのイベントも含まれます。 これらの体験により、大麻企業は顧客とより深いレベルで関わり、ロイヤリティを高めることができる可能性があります。 また、消費者は他の大麻愛好家とつながり、ストーリーを共有し、業界についてより多くを学ぶことができます。 4.カンナビス・ツーリズムの拡大 娯楽用大麻を合法化する州が増えれば、大麻に特化した観光体験の需要が高まります。 大麻農園や薬局のガイドツアーから、お祭りやコンサートといった420フレンドリーなイベントまで、あらゆるものが含まれる可能性があります。 大麻観光は、2023年には重要な産業収益源になると予想されています。 大麻を扱う企業は、この傾向を利用し、大麻を愛する観光客のニーズに応えるユニークな体験を提供する方法を模索するでしょう。 5.薬用大麻の受容の広がり 大麻の薬用利用は、ここ数年、着実に受け入れられつつあります。 この傾向は、医療目的での大麻の使用を合法化する州が増え、治療への応用の可能性が研究によって明らかになりつつあることから、2023年も続くと予想されます。 その結果、薬用大麻はさらに広く受け入れられるようになり、より多くの患者さんがその潜在的な健康効果を求めて使用するようになるでしょう。 業界各社は、患者さんのニーズに合った安全で効果的な製品を提供できるようにしなければなりません。 6.合法化に対する国民の支持は高いままである 2023年も、全米大麻取締法改正機構(NORML)などの団体が、より賢明な大麻取締法を提唱していることなどから、大麻合法化に対する国民の支持は高いままであると予想されます。 これは、より多くの州が娯楽用大麻を合法化することを意味し、この業界のビジネスにとって新たな機会を創出するものです。 また、連邦レベルでも、より多くの政治家が改革の取り組みを受け入れることで、進展する可能性があります。 全体として、2023年は、世論が容認へと変化し続ける中で、大麻産業が成長・拡大する年になると予想されます。 大麻を合法化する州が増えるにつれ、業界は進化を続け、新たなビジネスチャンスが生まれると考えられます。 企業はその動向を注視し、新たなトレンドに対応できるよう準備しておく必要があります。...

Recent articles