育つ

何世紀もの間、大麻は世界中で悪者扱いされてきたが、今、かつてないほど多くの人々が大麻を支持している。は緑の親指を試し始めている。 大麻の栽培は厄介なものだが少し研究して練習すれば、誰でもこのテクニックをマスターできる。 大麻の種を栽培する際に考慮すべき変数はたくさんあるが、そのうちのひとつが、「大麻の種を栽培する際に考慮すべき変数」である。最も必要なのは水だ。 水が多すぎても少なすぎても、次のような悪影響がある。繊細で壊れやすいことで知られる大麻の種子。 では、1人当たりどれくらいの水が必要なのだろうか?大麻の種は必要か? 続きを読む 大麻の種子を発芽させる方法 発芽は、大麻の種を育てる最初のステップである。 発芽させるということは発芽するのに十分な水を与える。 そのためにはいくつかの方法がある、誰にでも好みがあるが、どれも同じように有効だ。 それぞれの方法は全く異なるが、どれも美しく完璧な大麻に育つ。勤勉であり続ければ、植物は育つ。 水だけを使う方法もあれば、土を使う方法もある。最も一般的な方法は、濡らしたペーパータオルを使う。 大麻の種に必要な水の量は? 大麻の種に必要な水の量を決めるには、まず、大麻の種に必要な水を選ぶ必要がある。発芽法。 ここでは、最も一般的なテクニックの概要を説明する: 水に浸す:これは消耗品や労力の点では最も簡単な方法だが、次のような問題がある。また、コンスタントに機能させるのが最も難しい。 まず、グラスの半分くらいまで水を入れる。 室温の水。 最良の結果を得るためには、湧き水か蒸留水を使うこと。必要だ。 種を落としてそのままにしておく。 お望みなら、一度に数本ずつやってもいい。 数日後、種が割れ始め、白い芽が出始める。その中で成長していく。 芽の長さが1cmくらいになったら種はできあがり。 いつこのような場合は、土を入れた鉢に移すことができる。 には十分注意してください。種はデリケートだ。 直接植える方法:最良の結果を得るには、植え付ける前に土をあらかじめ浸しておく。種である。 適切なバランスを見つけるのは難しいかもしれないが、一般的には、ほんのわずかにしたい。しっとりとした手触り。 種を入れる穴の深さは10~15mm程度にする。 種を落とし、穴をゆるく土で埋める。 詰め込んではいけない。 スプレーを使うボトルに霧吹きで種を植える。 もし、プレが快適でないと感じたらを植える前に、スプレーボトルで穴を湿らせることができる。シード。 ペーパータオルを使う方法:この方法は一見、異例に思えるかもしれない。実は、大麻の種を発芽させる最もポピュラーな方法である。 手始めに、次の2つが必要だ。湿らせたペーパータオル やり過ぎない最も簡単な方法は、スプレーボトルを使うことだ。ミスト設定。 ペーパータオルの1枚を平らな場所に置く。暗い。 ペーパータオルの上に種を置き、2枚目のペーパータオルで覆う。 あなたはこの方法では、複数の種子を一度に発芽させることができる。 ただ、種が数粒であることを確認する。センチ離れている。 2、3日すると種が開き、白い芽が伸びているのが見えるだろうそれは、そうだ。 芽が1~2cmになったら、土の入った鉢に植える。 最終的な感想 大麻の種を育てるのに必要な水の量がわかったところで、次のことを始めることができる。あなたの成長の旅に自信を持って。 成長について学ぶことはまだたくさんある。発芽以上のプロセスだが、この部分をマスターできれば何でもできる。 やめてくれさらに役立つヒントを得るために、私たちのブログをチェックすることをお忘れなく。 幸せな成長だ!
大麻の種を雌化する方法を知ることは、最も重要な知識の一つである。大麻草を栽培したいのなら、あなたが学ぶことができる。 それは成長過程において非常に重要なことだ大麻草を強制的に植えさせるために、人々は膨大な労力を費やしてきた。女性化大麻の種子を生産する。 フェミナイズされた大麻の種だけを使用して植物を育てると、膨大な量を節約できる。時間とお金の。 雄株は好ましくないので、作物全体を全滅させる可能性がある。瞬き。 なぜフェミナイズド・カンナビス・シードが重要なのか? 大麻の栽培では、さまざまなことがうまくいかない可能性がある。 としてコントロールすること可能な限り多くの変数があれば、経験する災害の数を減らすことができる。 使用フェミニン化された大麻の種は、あなたがコントロールできる変数の1つである。可能な限りそうする。 雄の大麻植物は、花を収穫するために植物を栽培している人にとっては何の価値もない。芽が出ないからだ。 もし雄の大麻の種が雌の大麻の種の隣で育つのを許せば、雄の大麻の種は雌の大麻の種になる。受粉すると雌花に受粉してしまい、蕾がつくと完全にダメになってしまいます。 彼らはは種がぎっしり詰まっているため、効力が著しく低下し、味も最悪だ。 メナライズされた大麻の種がなければ、その植物がオスかどうかを知ることはできない。しばらく成長し続けている。 オスには、その間にわずかな時間しかない。を認識できるようになり、受粉を始める。 次のような場合、ダメージは回復不可能となる。すぐに処分しないことだ。 大麻種子の雌性化方法 大麻の種子を雌化するには、2つの一般的な方法が用いられる。 どちらのプロセスにも関与している。雌株に雄の花粉嚢を作らせる。 最も一般的で信頼できるコロイダルシルバー法」と「ロデライゼーション法」である。 コロイダルシルバー法:この方法には、いくつかの異なる化学薬品を使用することができます。コロイダルシルバーが望ましい。 作るのも購入するのも最も簡単で、扱いも安全だ。コロイダルシルバーとは、蒸留水に銀の粒子を溶かしただけのもの。 この方法を適切に行うには、雌の大麻草が2株必要だ。 その時点でコロイダルシルバーは、植物が開花し始めたら、均一に霧吹きで吹きかけてください。溶液をスプレーボトルで噴霧する。 これを2週間ほど毎日続ける必要がある。雌株は雄花粉嚢を作り始める。 この時点で散布をやめてもよいが、花粉が飛散するまでは生育を続けさせる。嚢が膨らみ、割れ始める。 袋の準備ができたら、慎重に取り出す。をビニール袋に入れる。 を冷暗所で乾燥させるのが良い。数日間だ。 準備ができたら、袋を勢いよく振ると花粉が袋から出る。この花粉を使って2番目の株に受粉させる。 受粉を開始する理想的な時期は、2本目の株が2~3本目になる頃である。週間後に開花する。 種が出来上がると、次のようになる。褐色に変色する。 緑色なら、まだ準備ができていない。 種子は手摘みで収穫される。 (重要:でコーティングされた植物を喫煙しないでください。銀コロイド) ローデライゼーション法:これは大麻を雌化する最も簡単な方法である。自然だ。 欠点は、失敗する可能性があることだ。 それでも、この方法だ多くの人が好み、うまくいけば良い結果を生む。 シンセミラとは、雌の大麻草が開花期の終わりに、次のような段階に入ることである。はまだ受粉していない。 これは、受粉する前の最後の努力のようなものだ。遅すぎた。 雄の花粉嚢を自然に作ることで、自分の花粉を受粉させることができる。蕾だ。 花粉嚢が成熟すれば収穫できる。 コロイダルシルバーの方法と同じです、嚢が乾くまで保存し、振ってから、2番目の雌の受粉に使う。植物だ。 この方法では花粉の量が少なくなり、雌の大麻の品種によっては、花粉の量が少なくなることがある。植物は花粉嚢を作らない。 それでも、初心者がこの方法を使うには最適だ。で実験する。 栽培がより簡単に 大麻の種を雌化する方法を知っていれば、次のような心配はなくなる。雄の植物が美しい雌の植物を破壊する。 見ての通り、驚くほどシンプルだ。プロセスだ。 必要なのは少しの練習だけで、あっという間にエキスパートになれる。 もしそうなら自分で種を蒔くのが面倒なら、フェミニン化された種を購入すればいい。信頼できるオンライン小売業者から。

CBDフラワーはどのように栽培されるのか?

CBDフラワーは、人々が次のようなものを求めている今、大きな注目を集めている。自然療法。 世界中の数え切れないほど多くの人々の痛みの治療に役立っている。有害な副作用を心配することなく。 あまりにも長い間、CBDはTHCと一緒にされてきた。 で現実には、この2つの化合物はまったく異なるものであり、そろそろ両者を同じように扱うべき時期に来ている。そういうことだ。 どちらかが犯罪になるべきだというわけではないが、CBDは特に、以下のことを証明している。実質的にデメリットはなく、大きなアップサイドがある。 CBDフラワーの効能 CBDフラワーは、非常に多くの症状に対して軽度から中等度の緩和をもたらす。 それは頭痛、関節炎、吐き気、不眠症など、さまざまな症状を緩和する。 についてCBDフラワーの副作用は喫煙によるものだけである。 あらゆる種類の煙は肺を刺激する可能性がある。 幸いなことに、消費する方法は他にもたくさんある。CBDフラワー。 CBDフラワーの最も重要な利点のひとつは、様々なデリバリー方法である。 もしタバコを吸いたくない場合は、代わりにドライハーブのヴェポライザーを使うことができる。 ベイプは以下を提供する。有害な煙を出さずに素早く結果を出す。 もうひとつのポピュラーな方法は、硫黄から作られたオイルを使うことだ。CBDフラワー。 オイルは舌下投与され、次のような場合に最適である。投与量を注意深く管理すること。 CBDフラワーはどのように栽培されるのか? CBDの花は麻の植物から採れる。 つまり、CBDの花を育てるためには麻を栽培する必要がある。 より具体的に言うと、麻の雌株だけが、次のようなことをする。CBDの花を育てる。 実際、雄株は作物にとって災いとなる。雌株に受粉し、CBDの花に種子を作らせる。 種子 ある種のオイルを作るために使用することはできるが、一般的に次のような目的で栽培される花には好ましくない。消費する。 麻の栽培で最も重要だが、最も難しいのは、次のステップである。発芽期。 種子は非常にデリケートで、慎重に扱わなければならない。成長期が始まるまで生き残る。 麻の実を発芽させる方法は複数あるが、いずれも麻の実を水に浸す。の種を数日間水に漬けておく。 小さな根が殻から破れ始めたら、その時だ。を植える。 発芽のステップをスキップすると、成功する確率は激減する。成長する。 CBDフラワーの栽培に使用される麻の植物は、屋内でも屋外でも栽培することができます。露地栽培の方がずっと安上がりだが、風雨に翻弄される。 多数麻の栽培に適した気候でない地域では、室内で麻を栽培するしかない。オプションがある。 屋内栽培の方が、栽培者の負担が少ないため、一般的に良い結果が得られる。変数のコントロール 強力な照明が必要なので高価になる常に換気扇を回すなど、適切な換気を行うこと。 というのは難しいことだ。ファンを一定時間オンにしておく必要があるからだ。1日に何時間か働き、残りは休む。 これは昼と夜のサイクルをシミュレートする。を正しく行うことは、植物にストレスを与え、最終製品に大きな影響を与える可能性がある。 最終的な感想 CBDフラワーがどのように栽培されるかを理解することで、その難しさを知ることができる。それは可能だ。 全体的には、他の種類の植物を育てるのと大差はない。...

大麻の苗と植物の世話

大麻の苗は通常、小さな草のような塊で、土の中から数枚の繊細な葉が出ているように見えます。 苗の発育・成長には細心の注意が必要なため、この時期には気を配る必要があります。 大麻の苗の手入れは難しいものではありませんが、忍耐と献身が必要です。 苗の手入れは、多くの利益をもたらします。 例えば、収穫量を増やすことができますし、病害虫の防除にも適しています。 また、苗の生育状況を把握することができ、潜在的な問題を早期に発見できることもメリットのひとつです。 ここでは、大麻の苗のお手入れ方法をご紹介します。 1.良質な土と栄養素から始める 大麻の栽培を成功させるためには、質の良い土と栄養素で苗をスタートさせることが重要です。 ミネラルや有機物など、植物の健全な生育に最適な成分がバランスよく含まれている土を探しましょう。 大麻の苗に必要な栄養素には、窒素、リン、カリウムがあります。 数週間に一度、適切な肥料を与え、苗を最高の状態でスタートさせましょう。 苗に必要な栄養を与えないと、生育不良などの原因になります。 2.十分な日照と温度を確保する 大麻の苗が健康に育つには、十分な日光と温度が必要です。 植物に十分な光が当たっていないと、成長が著しく遅れるだけでなく、光不足で枯れてしまうこともあります。 苗は直射日光の当たる場所に置き、日陰は苗が弱くなったり、足が悪くなったりするので避けましょう。 さらに、最適な成長のために、温度を華氏70〜90度の間に保つようにしてください。 この範囲を上回ったり下回ったりすると、苗に負担がかかります。 3.水やりは定期的に、でも念入りに 大麻の苗が健康で丈夫に育つためには、適切な水やりが欠かせません。 定期的な水やりを心がけましょう。ただし、水のやりすぎは根腐れなどの原因になるので注意しましょう。 定期的に土の状態を確認し、湿りすぎたり、乾きすぎたりしていないことを確認するとよいでしょう。 また、土の状態を確認することで、植物に水が必要な時期を知ることができます。 土の表面が乾いていたら、苗に水を飲ませるタイミングです。 4.苗を適切な環境に保つ 大麻の苗を最大限に成長させるためには、その苗に適した環境を保つことが重要です。 室内で栽培する場合は、部屋の換気と湿度を十分に確保しましょう。 湿度が高すぎるとカビが生えやすくなり、湿度が低いと茎や葉が弱くなります。 また、栽培室内の温度変化は、植物にショックを与え、成長を阻害する可能性があるため、避けることが重要です。 苗を導入する前に適切な環境を整えることで、苗の能力を最大限に発揮させることができます。 5.苗の剪定としつけ 苗の大きさを調節し、エネルギーを新しい花や蕾に向けるため、できるだけ早く剪定とトレーニングを行うことが、健全な成長を促すために重要です。 健康でない葉、枯れた葉、病気の葉や茎を剪定し、植物を健康に保つ。...

大麻の4つの成長段階

大麻を自分で栽培することは、豊かでエキサイティングな体験になります。 しかし、大麻草の成長段階を理解することは、植物がその能力を最大限に発揮するために必要不可欠です。 一般的に大麻は、発芽、生長、開花前・移行、開花の4つの成長段階を経て成長します。 各ステージにはそれぞれ特徴があり、収穫を成功させるために満たさなければならない要件があります。 発芽ステージ(3~10日) 発芽とは、種子が発芽し、最初の根を出すという成長の最初の段階です。 発芽させる種子を選ぶ際には、乾燥していて、カビが生えていないことを確認してください。 また、未熟なものはうまく発芽しない可能性があるので、成熟した種子を選ぶ必要があります。 発芽したら、土、ココ・コアー、ロックウール・キューブなどの培地に入れ、過湿にならない程度に湿らせておきます。 発芽に最適な温度は22~30℃(72~86°F)なので、この温度帯で培地を維持します。 大麻の苗が発芽したら、次は植生段階です。 苗木の段階(2~3週間) 大麻の生育の第2段階は苗の段階である。 この時期には、葉や茎、そして成長に必要な栄養分を供給する根が発生し始めます。 発芽から約2~3週間後に始まり、前花を形成し始めると終了し、開花期へ移行する準備が整う。 この段階では、植物に十分な光と栄養を与え、風通しをよくして、根と茎を丈夫にする必要があります。 苗の段階での理想的な温度範囲は、20~30℃(68~86°F)です。 植物期(3~16週) 苗の段階が終わると、大麻の植物は生長期に入ります。 この時期になると、開花に向けて葉や茎、根を伸ばし始めます。 この段階の長さは、光のサイクルや温度などの環境要因に依存します。 ただし、段階は3~8週間ごろから始まり、最長で16週間まで続きます。 植物が成長する段階では、太陽光や太陽光を模倣した人工照明を当てることが重要です。 この段階では、植物が成長するためのエネルギーを餌に変換するために、太陽光が不可欠です。 さらに、温度は20~30℃に保ち、湿度も高めに保つ必要があります。 大麻の苗が十分に成長したら、開花前/移行期に入ります。 開花の準備が整ったことを示す前花が咲き始める。 この段階は通常3~4週間続き、この間に大麻草は開花の準備をし、受粉を成功させるために必要な雄と雌の生殖器官を作り出します。 開花前/移行期には、植物が生長期と同じ光と温度を受けるようにします。 さらに、湿度が高いと菌の繁殖が阻害され、菌の感染リスクが高まるので、湿度を50%程度に下げることが重要です。 開花期(8~11週) 大麻の生育の最終段階は開花期です。 この時期になると、カンナビノイドやテルペンを豊富に含んだ芽が出始めます。...

Recent articles